人間関係に悩んで保育士を辞めたい

a2877e742dcd10a6df804b259e239ae7_s

保育園で就職しようと思った時、面接をして仕事内容やお給料などの条件だけで就職することがほとんどです。

同僚とうまくいくのかなどの働きやすさは、就職してみるまで分からないことが多いですよね。

人間関係で保育士を辞めたいと悩む時、どんな解決法があるのかご紹介します。

スポンサーリンク

保育士ならではの様々な人間関係の悩み

保育園という職場は主に女性が多く勤めている場所なので、トラブルが多いと言われています。

上司や同僚、保護者など、様々な人と接する保育士ならではの悩みがあります。

 

上司との人間関係の悩み

上司とは主に園長、主任、年上の保育士です。

園長や主任は、クラスを受け持つことがないので、園全体を見た意見を述べます。

実際にクラスで働いている立場の保育士からすると、「いやいや、そうじゃないでしょ!」と理不尽なことも多く、意見がぶつかることが多いのです。

だから無理なことをやらされてストレスを感じてしまうこともしばしば・・時には心ない言葉に傷つけられることもあります。

本人はそんなつもりで言っていなくても、悩んでいる保育士にとってはとても辛いことなのです。

また一番つらいのが、同じクラスを複数で受け持った時に一緒に組んだ先生が年上で、性格に難がある場合。

自分のことは棚に上げ、嫌な仕事ばかりを押しつけたり、言い方がきつかったりして精神的に辛いことも沢山あります。

年上で先輩ということもあり、逆らえず、辛い毎日が続き、経験の浅い年齢の若い保育士さんは辞めたくもなりますよね。

 

同僚の先生との人間関係の悩み

歳が近い、または後輩の保育士は同僚として本来なら励ましあいながら頑張っていきたい仲間。

辛いことがあっても時にはお互いに愚痴を言い合い助け合えたら、辞めたいと思っても頑張れるものですが、この同僚保育士との相性が悪いともう最悪で、顔は合わすけど無視されたり、その人の仲が良いグループから集団で冷たい態度を取られるようなこともあるのです。

こういうのって保育園ならではの女社会の独特なストレスや悩みですよね。

女性中心の職場って気配りだけでも大変で、精神的に負担が大きくかかってくるので、家から出るのもしんどくなってきますし、毎日「辞めたい、行きたくない」と心の中で呟いてしまうのです。

男性保育士が職場に複数名いれば、空気感も変わるのですが、男性保育士も増えてきてるとは言え、現状はせいぜい職場に1人か2人です。

同僚の先生や同じクラスを受け持つ先生とは、日ごろ接する機会が多い分、仕事もやりづらくなるので、辞めたいと思うことも多いかもしれません。

 

保護者や子どもたちとの人間関係の悩み

人間関係の悩みというのは職場の人だけでなく、保育園を利用する保護者や子どもたちも関係してくる場合もあります。

最近は様々なクレームで保育士を困らせるモンスターのような保護者や、やんちゃで手に負えない子どもなどもいます。

子どもたちのことでは仕事上の悩みはあっても人間関係で悩まれる方は少ないかもしれませんが、送りやお迎えに来る保護者の方々は毎日顔を合わせるので、一つでもトラブルがあると仕事を辞めたい理由になってくるケースが多いのです。

 

保育士の人間関係のトラブル。どうやって改善すればいいの?

人間関係を改善するのは自分の努力だけではどうしようもない部分もあります。

これはどうしてかと言うと、自分の気持ちや態度は変えることができても相手のことは変えられない、もしくは変えることが難しいからです。

特に職場の人たちというのは基本的に毎日会うので、トラブルがあっても避けては通れません。

同じクラスを受け持っている保育士の場合と保護者や子どもたちの場合も必ず毎日顔を合わせなければいけないので、自分が何とか気持ちを切り替えて黙々と仕事に打ち込む以外に改善する方法はないでしょう。

ただ、保育園というのは4月から3月までが一区切りになり、クラスが変わってきます。

年度が変われば一緒に組む先生や、保護者と子どもたちが入れ替わります。

我慢して1年続けることができたら次の年は上手くいく、ということもあるのです。

 

人間関係の良い保育園への転職も考えよう!

保育園の先生との相性が悪いのにあと1年なんて頑張れない。

もしくは1年は頑張って続けられても次の年度からはもう今の職場は辞めたい、年度末と言わず区切りのいいところで退職したいと思うなら、他の保育園へ転職するという道もあります。

人間関係での悩みというのはあなたに原因がなければ保育園が変わることでうまくいくことも多いのです。

こっちは普通に仕事がしたいだけなのに、派閥や嫌がらせなどの変なことで悩まされたくなんかないですからね。

保育園や幼稚園によっては、職場内の人間関係のトラブルが原因で、保育士の定着率が悪く、離職率が高い職場というのが必ず存在します。

保育士の仕事というのは専門職の資格なので、それを活かせる職場は、今あなたが働いている所以外にも沢山ありますし、視野を広げて他の保育園への転職も考えてみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る