保育士から転職する時に役立つ求人サイト

6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

保育士を辞めたいと思った時、保育士から一般職への転職を検討している方も多いと思いますが、最近は求人サイトも乱立しており、「沢山あり過ぎてどれを利用したらいいか分からない」「登録してみたけど上手く使いこなせない」「結局ハローワークで決めちゃった」という方も少なくないと思います。

保育士以外の仕事を希望されるなら、間違いなく転職支援がある転職エージェントを利用するのが最適です。

他にやりたい仕事ができたなら、それに向かってしっかりとサポートしてくれる求人サイトというのが、今後に大きく役立ちます。

そこで、保育士が他の業種へ転職しようとする際に役立つ転職エージェントについて紹介させていただきます。

 

保育士から一般職へ転職する時の注意点と、登録する求人サイト選びのポイント3つ

まず初めにお伝えしておきたいのが、事務職や営業、販売、接客業など「他の仕事がしてみたい」と希望される保育士も少なくありませんが、今までと違った職種への転職は、最悪、不採用続きになるリスクもあるということを念頭に入れておいてください。

というのも、採用を決定する企業側からすれば「今まで保育士の仕事をしてきたのに、何でうちの会社に応募してきたんだろう?」と疑問を持たれたり、「未経験の人はちょっと・・」と敬遠されるケースも多く、転職自体がなかなか厳しいという現状があるのです。

保育士から別の仕事に転職をされるという事は、おそらく大半の方は他の仕事に関してはどれも”未経験”。

だからこそ、まずは採用する側の気持ちに立って、面接官から聞かれるであろう質問に対する自分の中の答えを事前に用意しておくことが、他の業種へ転職するポイントになります。

保育士が一般企業への転職を考えた時に、特に役立つ求人サイトの特徴は大きく分けて3つです。

1.転職支援に強く、女性の利用者から評判が高いこと

2.独自の紹介ルートがあり、最適な求人を紹介してくれること

3.転職活動に不安がある方が、しっかりとサポートを受けられること

女性の転職は、女性ならではの妊娠、出産、子育て、親の介護など、ライフスタイルの変化に柔軟な対応をしてくれる企業というのが大切になるからこそ、女性に対して手厚い転職支援を行っているところを利用するのが重要なのです。

保育士から転職する!おすすめの転職エージェント

DODA(Women Career)

DODAは誰もが1度は聞いた事のある大手の転職エージェントで、女性の就業実績も非常に多いことからも、保育士からの転職を考えるなら、ここだけは外せません。

DODA内にある「WomenCareer」は、女性が新しい仕事を探す時に注視する、残業時間や産休育休の取得状況などを求人ごとに紹介していただけたりするので、女性の転職希望者にもとても役に立つ転職エージェントになります。

土日祝が休み、仕事も家庭も両立したい、未経験からでも働ける仕事、保育士の経験を活かせる職場など、あなたに相性ピッタリの求人を検索する機能も付いており、非常に利便性が高く、転職希望者向けのコンテンツも多数あるのが特徴です。(※無料会員登録後に色々な非公開求人の紹介や機能が使えるようになります)

保育士を辞めて別の仕事をしたいと考えているあなたに、まずは目を通して欲しい転職サイトになります。

arrowDODAを見てみる

リブズキャリア

リブズキャリアは”女性の活躍を考える企業”の求人を多数掲載しています。

基本の検索機能である「勤務地、就業形態、給料・年収、希望職種」という定番機能に加え、女性ならではの悩みを解決できる求人を探す事ができます。

リブズキャリアに求人を掲載している企業は「LINE、楽天、グノシー、メルカリ、DeNA、BASE、クックパッド、エン・ジャパン、GMO、mixi」など、大手企業の求人情報がズラリ。

やりたい仕事が決まってる人も、これから仕事を探したい人も、リブズキャリアに掲載されてる企業は「全て女性向け」で、リブズキャリアによって厳選された企業ばかりなので安心できます。

まだ登録されたことがないなら、この機会に登録(※無料。メールアドレス入力など”約1分”で登録できます)を検討してみてください。

arrowリブズキャリアを見てみる

未経験の業界への転職はサポートが必要不可欠

専門職である保育士が全く経験のない会社へ仕事を変えるというのは、簡単ではありません。

実際、保育士以外へ転職された方の多くは非正規雇用で働いている人が多いというデータも出ているくらいですからね。

ですから、私個人の意見としては、基本的に保育関係以外への転職はおすすめしません。

「正社員、派遣、パート、アルバイト何でも構わない」「どんな仕事でも構わない」と、仕事を選ばないなら選択肢は沢山ありますが、実際は「選ばない」なんて人はいませんし、ほとんどの方は、漠然と何かやりたい仕事があったり、希望する給料、休日などの条件がきっとあるはずです。

保育士から一般職を目指すなら、まずは、しっかりと転職サポートが受けられるところで、求職活動をするべきです。

何も転職先の情報を把握しないまま転職しちゃうと、場合によってはブラック企業に入ってしまうこともあるので、十分に注意する必要があります。

まずは、多くの求人に目を通し、希望する仕事、働き方を将来を見据えて考えることが大切なんじゃないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る